2014年 1月 29日

2014スターキーNewYearMeeting

カテゴリー お知らせ,セミナー

スターキージャパン社の新製品発表や講演会がありました。その中から新製品について紹介します。

1.ジーノクラシック(Xino CLASSIC)
 RIC(外耳道内レシーバー)タイプのロープライス製品で、フィードバックキャンセラー、ノイ ズマネージメント、ダイヤル式ボリュームを搭載した製品。30、70、110の3機種。

2.アリエス(ARIES)
 ロープライスの補聴器。フィードバックキャンセラー、ノイズマネージメント、4チャンネル 4バンド、アナログボリューム付。ITC,ITE,BTEの3形態。

3.3シリーズ フルラインナップ化
 BTE13にスタンダードとパワープラスが、RICには50ゲインとアブソリュートパワーが、オトレンズやビーンズも加わりフルラインナップになりました。
 ☆ビーンズ312(3シリーズ)
 今までCICタイプは一番小さい10A電池を必ず使っていました。小型のRICがない時は、小さく目立たない補聴器の代名詞であったCICですが、電池寿命が早いのが難点でした。今回CICより少し小さいスターキー社ビーンズが312電池が使えるので電池の持ちが良くなりました。これはスターキー社の得意とする耳穴型で、部品の小型化や部品配置の工夫で実現しています。
 下記写真は312を使う通常のカナルサイズ
140129_1  下記写真は今までの10A電池使用のビーンズ
140129_2  下記写真は312電池を使ったビーンズで、全く大きさが10A使用時と変わりません。
140129_3
5.T2コントローラー
 日本のみの発売で1万円以上のワイヤレスリモコンが多い中、¥5,000(税別)と低価格で使い易さを追及された製品で、DTMFトーンを使っています。


コメント(0)

コメントを残す