2013年 12月 24日

E-M1+12-40mmF2.8ミニインプレッション PHOTO

カテゴリー ホビー

オリンパスのミラーレス一眼OM-D E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PROレンズキットを約2か月程使ったミニ感想です。レンズによるところも大きいようですが、まず画像グレードに納得しました。レンズはF2.8通しでと比較的明るくボディーは手ぶれが強力なので、シャッタースピードが遅くても結構撮れてしまうのは驚きでした。

2×2ダイヤルコントロールなどボタン類の配置含めて操作感は良好で使いやすく、大型電子ビューファインダーも精細で明るく見やすく遅れも気になりません。明るさ自動調整も付いているので、これなら慣れると光学ファインダーより良さそうです。

また高感度時のノイズも各段に小さくなっていて夜空などの撮影にも有利です。AFも大変早く動く被写体に対しても良く追従します。黒潰れ、白とびの被写体も人の目で見たように処理できるHDR(ハイダイナミックレンジ)も、PCソフトなしでカメラ内で速行えます。スマホへの画像ファイル転送やカメラのコントロールなどのWiFi機能も便利です。

解像度が高く立体的でリアルな画像が得られるので、かなり35mmフルサイズ器に近づいた感を実感できました。ローパスレスで、各社のレンズデータから色収差を適正補正するなど最新画像処理エンジンと相まって良い効果が出ているようです。また防塵防滴仕様で-10℃までの動作保障をしているので、我々アマチュアには小雨でも安心程度ですが、過酷な環境でのプロ使用にも耐えられそうで信頼性が高く頼もしいです。

ただフォーサーズ等一眼レフのレンズと比べやや重さ大きさは小さいものの、ミラーレスとしてはレンズ単体で400g弱は私には少々重いです。フォーサーズを使っている方は、逆に軽く使いやすいことでしょう。はやり良い画を撮るには、口径の大きい重いレンズが必要なのは、昔からあまり変わらない様です。

またフォーサーズとマイクロフォーサーズレンズを統合したシステムとなっていますが、フォーサーズレンズを持たない私にはオーバースペックとなります。

誰でもデザインは好き好きがありますが、私はOLYMPUS PENが好みです。E-M1ははじめは少し抵抗がありましたが、メカニカルで精度感、凝縮感があって今はこれはこれは別の意味で気に入っています。

来年の干支である小さな馬の焼き物を撮ってみました。131224_2
このレンズは結構寄れてマクロ的に使えるので補聴器の撮影にも重宝しています。これはマイクロモールドですが、カナルでスケルトンタイプの珍しい物です。
140110_1
☆画像をクリックすると大きく表示されます。
OLYMPUS OM-D E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO

コメント(0)

コメントを残す