2015年 2月 27日

乾燥剤不要の補聴器乾燥機

カテゴリー その他

通常の補聴器乾燥ケースは乾燥剤(シリカゲル)を使っています。湿気を吸ったままの乾燥剤を入れたケースに補聴器を入れると逆効果になることもあり交換がかかせません。また乾燥まで1昼夜程の時間がかかっていました。フォナックの新しい補聴器乾燥機は乾燥剤がいらないだけでなく多くの特徴があります。
150227_1 温風対流による乾燥なので短時間で乾燥し、自動ON/OFF付紫外線灯(UV-C)で除菌でき感染症のリスクも軽減します。
150227_2 3時間で自動停止する通常乾燥モードと、夏場などに使う6時間のじっくり乾燥モードがスイッチで選択できます。
フタを開けると長寿命の紫外線灯が止まる自動安全機能付きです。
過熱防止機能付きの安心設計です。
格納部分が大きいので、大型補聴器も楽に複数台同時に処理できます。
150227_3 電源はAC100ボルトとUSBからの供給もできます。
製造元:フォナック社 、型番:D-Dry、価格:12,960円(税込) 

コメント(0)

コメントを残す