2021年 1月 21日

AppleWatch手洗いタイマー機能のご紹介

カテゴリー その他

AppleWatchのwatchOS7からの新機能の一つに、手洗い機能があります。

特にコロナ禍では手洗いも重要ですが、ついつい短時間になりがちです。
この機能は、AppleWatchが自動的に手の動きや水流の音で手洗いを検出すると、世界保険機構WHOの推奨する20秒のタイマーがスタートして残り時間が1秒毎に表示されます。
210121_1
20秒しっかり手洗いすると、”いいですね”とか、”完了です”、”お見事です”などと表示されます。
210121_2
また20秒に満たないと下記の表示が出たりします。
210121_3
またiPhoneのGPS機能をONしておけば、帰宅時の手洗いを促してくれます。
210121_4
さらにiPhoneのヘルスケアアプリにはこの手洗い記録まで保存できます。
210121_5
いろんな所で手洗い法や時間が載っていますが、時間は20~60秒程度が一般的なようです。方法、時間で効果(ウィルスの残数)も違ってきます。

Apple Watch4以降はこの機能が使えるようなので、まだの方はお試しになってはいかがでしょうか。

Galaxy watchにも似たような”Hand Wash”があり、こちらは25秒とのことです。

コメント(0)

コメントを残す